薬剤師の転職の理由とステップアップ

人間関係の方が大きくストレス

薬剤師の転職の理想 | 人間関係の方が大きくストレス | お薬の調合などに専念できる

おくすりのプロであることだけが仕事ではなく、人間関係の方が大きくストレスとしてのしかかってきたのです。
それにお薬のことだけを専門にしていればいいわけではなく、ほかの仕事をする必要も出てきます。
お薬以外の会計や品出しをしたりするので、国家資格まで取得をしてプロとして仕事をしていることとの、心のギャップが出てきてしまったのです。
雑用ばかなり多い職場で人間関係にも悩み続けて、しかも週末は勤務は当然ですから、だんだん心は疲れ果ててしまいました。
しかしドラッグストアの中では、そこはチェーン店でしたが上から認められて、店長の話まで来ていました。
正直なところ店長になったところで、本来の資格を活かした仕事をイキイキ出来るわけではなく、ささやかな店長手当に雑務が増えるだけで、まったくもって魅力などはありませんでした。
ドラッグストアは常に人から見られている職場であり、従業員同士の関係は安い賃金で働いていることもあり、決して良好なものではありません。
せっかくの国家資格を本当に必要な人達のために生かしたいと思い立ち、職場を変えることにしました。