薬剤師の転職の理由とステップアップ

薬剤師の転職の理想

薬剤師の転職の理想 | 人間関係の方が大きくストレス | お薬の調合などに専念できる

薬剤師の転職の理想として、女子ならばやはり、昔ながらの寿退社というやつでしょう。
昭和の時代であれば女性は乾坤を気に、会社を晴れて退職できるというのが、スタンダードな流れでありました。
そんな退職を夢見ていたものの、現代の世の中で寿退社は、とても珍しいパターンになってしまっています。
そして結婚の予定もないままに、毎日お薬の調合をして患者に手渡す日々ですので、特に職場を変える必要もないのではないかと、周りからは見られます。
大学で何年もおくすりの勉強をして、やっと手に入れた国家資格ではありますが、実際に社会に出て見ますと、職場環境でかなりストレスはかかることになります。
職場を変えようと思ったのは、職場環境に疲れてしまったためです。
特に深い考えもないまま選んでしまった職場が、ドラッグストアという場所でした。
医薬品を取り扱う仕事自体は生涯の仕事として誇りを持っていますが、ドラッグストアでの勤務の人間関係で、すっかり疲れてしまったのです。
ドラッグストアにはそこで勤務する従業員がいて、店長やバイトに販売員などの人間関係に悩みますし、普通にお買いものに来ているお客さんとの関係にも悩みを抱えるようになりました。
ドラッグストアには基本的に、薬剤師というのは1名体制ですので、プレッシャーやストレスはかなり大きくなってきました。